【評価10(満点)】泣きたいならコレ、映画『gifted/ギフテッド』のあらすじと感想

はじめに

自己紹介

こんにちは。

TSUTAYAでアルバイトしながらブログを書いている映画大好き大学生です。

「こんな映画が観たい!」っていうお客さんのリクエストになんでも答えられるようにシーンごとのおすすめの一本を探してます。

今週の一本 映画『gifted/ギフテッド』

今週は、『(500日)のサマー』や『さよなら僕のマンハッタン』など、ほろ苦い青春映画を洗練された映像美でコンパクトな作品にまとめあげるのが得意なマーク ウェブが監督を務め、

マーベルファンにはおなじみの肉体派イケメン俳優、『キャプテン・アメリカ』ことクリス エヴァンスが主演を務めた映画『gifted』の感想です。

マーク ウェブといえば、『アメイジングスパイダーマン』などで大作も見事に務めあげた経験から、日本で社会現象にもなった新海誠監督のアニメ映画『君の名は。』のハリウッド実写化の監督も決定していてオシャレでほろ苦いラブストーリーが好きな人には、大注目の若手監督ですね。

クリス エヴァンスも、先日の超大作『アべンジャーズ エンドゲーム』で10年近く演じてきたキャプテンアメリカを華々しく引退し、2020年1月公開予定の映画『ナイヴス アウト』ではアホで下品な七光り息子を演じるなど、真面目な好青年役のイメージから解放されたことを楽しむかのような活躍にも大注目の若手イケメン俳優です。

そんな二人の初タッグとなった映画『gifted』、映画好きとしては観ない手はないと思い今回も一人暮らし自家製映画館で視聴してまいりました!

早速講評

見所、感想の前にいきなり講評。

評価:10点(満点)
とにかく映画で感動したい人・泣きたい人にはまずこれを薦めます!

こんな人におすすめ!
家族愛系の映画に感動する人
超イケメンパパ激かわ美少女に萌えたい人
・アクションしてない演技派キャップが観たい人

出ました満点すっと引き込まれる映像美、イケメンと美少女、伏線がスマートに回収されるラスト、家族愛の号泣度、何をとってもおすすめできる映画だったので、なるべくネタバレはせずに、見所を熱く語っていきたいと思います!



映画『gifted/ギフテッド』について

公開日

2017年11月23日(日本)

最初はアメリカで小規模の限定公開だったみたいです。それが高評価で口コミで広がり拡大公開され半年後日本にも上陸って感じでしょうか。

こういう限定公開から口コミで広がった系の映画って、『はじまりのうた』とかもですけど、低予算ながらも作り込まれた脚本監督の腕で観客に評価されたってことなので、素敵な作品が多いですよね。

監督

マーク ウェブ

もともとMVの監督(有名どころだとダニエル パウターの『Bad Day』とか)をしていたこともあって、長編映画デビュー作の『(500)日のサマー』や近年公開された『さよなら僕のマンハッタン』など、洗練された映像美楽曲センスが絶妙な監督です。

音楽に合わせたスタイリッシュな映像は全く飽きがこないので、割と切ない系の映画が多いですが、最後まで引き込まれ2時間があっという間です。

キャスト

マッケナ グレイスasメアリー アドラー

 

7歳にして学者レベルの数学の才能をもつ(ギフテッド)天才美少女。母を自殺で失い、叔父、フランクと猫のフレッドと生活。
芦田愛菜並みの天才子役。

クリス エヴァンスasフランク アドラー

著名な数学者だったものの精神を病み自殺した姉に代わり、メアリーを姉のようにさせないためにも普通の子供として育てようとする”影のあるイケメン”叔父。独身。マッチョ。

リンゼイ ダンカンasイブリン アドラー

才能は徹底的に伸ばしたい元数学者のやり手教育ママ。フランクの母でメアリーの祖母。フランクからは、姉の自殺の原因を作った張本人として疎まれている。メアリーに特別な教育を受けさせるためにフランクに親権裁判を持ちかける。顔が怖い。

ジェニー スレイトasボニー スティーブンソン

メアリーが通う学校の担任教師。メアリーの才能に気づき、メアリーの今後についてフランクが相談できる数少ない友人。独身。フランクのイケメンすぎる魅力にデレデレ。

オクタヴィア スペンサーasロバータ テイラー

メアリーとフランクの隣人で、メアリーが大好きな優しい黒人オカン。メアリーのことを実の娘のように気にかけていて、メアリーに何かあったらフランクを殺す勢い。感動的なシーンですごい味のある演技をしてくれる。

見所と感想

序盤の、綺麗な景色(特に夕焼け!)と音楽に合わせて描かれる、メアリーとフランクの実の親子ではないからこその、親子のような親友同士のような関係が見ていてとても癒されます。

だからこそ中盤から、メアリーが、天才ゆえに周りの同年代の子より少し大人びてはいるものの、やっぱり子供らしく親の愛に飢えていることや、数学に取り組んでいる時、何よりも楽しそうな顔をすることに気づき、メアリーの将来のために、自分より恵まれた環境の家族に里子として預けることを考え始めるフランクの葛藤に心が締め付けられます。

バーで会ったメアリーの先生、ボニーと寝てしまったり、メアリーを姉から引き受けるために大学の准教授を辞めていたことが発覚するなど、メアリーのことを実の娘のように大切にはしてはいても、まだまだ自分の自由と将来性を諦めきれていないフランクの若さゆえの弱さも、理解してあげたくなるし、共感できます。

終盤、すれ違ってしまったフランクとメアリーの関係が、序盤から中盤にかけての伏線の回収と一緒にまた完璧な形になっていく様子には感動間違いなしです。泣きました。

個人的にはフランクの母でメアリーの祖母であるイヴリンのラストシーンの出来事も、彼女が作品中悪のように描かれてはいましたが、それは決して娘や孫を愛していなかったからではないことが伝わってきて涙なしには見られませんでした。

 

とにかく家族愛。そんな映画です。

おわりに

一番おすすめの視聴方法

映画『gifted/ギフテッド』、とにかく感動したい人にめちゃくちゃおすすめです!絶対後悔させません。

感動系の映画が好きな家族とか恋人にはめっちゃ素敵なプレゼントになるんじゃないかな。

僕はアマゾンで気に入った映画はBrurayで買ってます。DVDや動画配信サービスより段違いな画質で楽しめますよ!

最近はディズニー系以外は安いですし!ディズニー安くしてほしい…泣

無料で見る方法

U-NEXTに初めて登録すると、31日間の無料お試し期間に加え、600円分のポイントがついてくるので、映画『gifted』を無料で鑑賞できちゃいます!

31日以内に気に入らなかったら解約してしまえば、料金は一切かかりませんよー。

無料お試しはいつ終了してしまうかわからないので、登録はお早めに…。

!31日間無料お試しはこちら!

次週もお楽しみに!