【特化の強さ】映画好きがブログを始めるならしておくべき10のこと

はじめに

TSUTAYAでアルバイトをしながらブログを書いている現役大学生のデデデです!

僕は特に映画に”特化”してブログを書いているわけではないのですが、

僕のブログの記事ごとのpv数から考察してみたところ、映画記事がやはり一番人気で収益率も高かったので、

正直映画が好きな方は映画に特化したブログを書くのが一番稼ぎやすい気がします。

結論

もし映画に特化したブログを作るなら僕なら絶対これをするなと思ったことを10項目に分けてまとめてみました。

 

ちなみに、学生や時間に比較的余裕がある社会人向けです。

①レンタルビデオショップでアルバイトする
②掛け持ちで映画館でアルバイトする
③動画配信サービスに登録する
④映画を毎日観る習慣をつける
⑤鑑賞中にメモをとる
⑥関連映画に分けて攻める
⑦知識を深める
⑧記事のテンプレートを作る
⑨映画ブログのマネタイズを知る
⑩おすすめブログ

順に紹介します。



①レンタルビデオショップでアルバイトする

僕自信TSUTAYAで2年以上アルバイトをしているのでめちゃくちゃオススメできます!

映画特化ブログにおすすめな理由は以下。

従業員割引がある

アルバイトには従業員割引でDVDのレンタルが無料になったりします!

これは店舗によっても違いがあるかもですけど、割引はだいたいどこの店舗にもあるって聞いてます。

募集探すと書いてあったりするのでチェックしましょう!

レンタルショップの膨大な映画を無料で見れるのはめっちゃお得です笑

映画全般に詳しくなる

毎日いろんなDVDに向き合うことになるので、旬な映画や監督、俳優が手に取るようにわかるようになります!

また映画担当になれば(僕は頼み込んでなりました)、季節ごとのキャンペーンやランキングを作ったりもすることになると思うので、

「この季節はこの映画の記事人気やろなあ」とか、

「ランキング上から順に20位分書いたろ!」とかがしやすくなります!

関連作品がわかる

新作映画とか季節の映画とかで特集の棚ができると、その映画の「関連作品」も一緒に置かれたりするので、

「この映画が気に入った人はこちらもおすすめ!」みたいな記事も書きやすくなります!

関連記事の書き方は⑥ジャンルごとに攻める、で詳しく説明します。

 

レンタルショップのアルバイトの良さは語り出すと止まらなさそうなので詳細はまた今度記事書きます!

とりあえずこんな感じ。

U-NEXT

②映画館でアルバイトする

TSUTAYAと掛け持ちで映画館のアルバイトをするのもめちゃくちゃおすすめです!

理由は以下。

映画が毎月無料で観れる

なんと、映画館のアルバイトは従業員割引で映画が無料で観れます!

僕が知ってる映画館は、3回バイトに入るごとに1本無料っていう条件でした。

映画館で公開してる最新の映画が無料で観れるのは激ツヨですよね。

週1、2日とかでも良かったりする

これも場所によりけりですが、比較的大きい映画館とかだと、従業員の数を増やすために、

『週1日以上からOK!』みたいなところが多いです。

TSUTAYAを週4日とか4時間ずつくらいで入って、

映画館を土日どっちかとかに入るのが掛け持ちしやすくておすすめです!

週に1回しかバイトに入らなくても、月に1本は無料で映画が観れますね!

最新情報がわかる

映画館でアルバイトをすると必然的に新作映画の公開日とか、制作中の映画とかの情報が入ってくるので、

「半年後にこの映画公開すんねや、今のうちに関連映画記事作っといたろ」

みたいなこともできます!

SEO的に、記事を書いてから自分の記事が上位に出てくるまでに少し時間がかかるので、

予想してトレンド記事をかけるのは強いですよね。

U-NEXT

③動画配信サービスに登録する

上で紹介したアルバイト以外で映画をお得に観たいなら動画配信サービスの登録は必須です!

Hulu、NETFLIXや、学生ならAmazon Prime Videoなんかも人気ですが僕は圧倒的に自分が登録してるU-NEXTをおすすめしてます!

詳細は別記事で書きますが、めっちゃ簡単にまとめると以下。

洋画・邦画の種類が多い

上で紹介した動画配信サービスの中で、洋画・邦画の作品数はU-NEXTがダントツで1位です!

「あの映画紹介しようかな」って思いついた映画ほとんどありますよ!

新作も観れる

毎月もらえる1200ポイントで新作も楽しめます!

トレンドの映画記事を書きたい人は必須。

映画館でもポイントが使える

U-NEXTのポイントはまさかの映画館でも使えます!

1ポイント1円として利用できるので毎月映画館で観る人は超お得。

ダウンロードしてオフライン再生も可能

電車などでの移動中も、スマホやタブレッドに前日寝る前とかにダウンロードしておけばオフラインで再生できます!

通信制限とかが気になって諦めてた人は、U-NEXTなら解決できますね。

映画雑誌も読める

U-NEXTは映画やドラマなどの動画だけじゃなく、雑誌・コミック・書籍なども楽しめます!

僕は毎月、『SCREEN』という雑誌をU-NEXTなら読み放題なので、新作情報のチェックや、映画の情報収集に使ってます。

映画を観るのと同時に情報収集もできちゃうのは便利すぎますよね。

 

初めて登録する人は31日間の無料体験があるので迷わずに登録してみましょう!

気に入らなかったら期間内に解約しちゃえば料金は一切かかりませんよ。

強引ですけど31日以内に100本くらい映画見て、メモ取っておいて無料で解約して、後から記事かくっていうちょっとせこいこともできますね笑

!31日間無料体験はこちらから!

 

あと、男性諸君、U-NEXTならA○も見放題です笑



④映画を毎日見る習慣をつける

映画に特化したブログを作るなら、基本的に映画は毎日観て、

映画を観ることを習慣化すべきです。

僕は今年は映画を100本以上は観ました。

楽しんで映画鑑賞を続けられたコツは以下です。

映画鑑賞に最適な環境構築

僕は今年一人暮らしをはじめて、自宅を映画館にしました笑

詳しくは今度記事にしますが、

プロジェクター、白い壁orスクリーン、スピーカー、再生機器orPCの4つがあれば自宅に映画館が作れます。

白い壁とPCもしくはPS4などの再生機器をすでに持っている人は、

プロジェクターとスピーカー合わせても5万円以内で映画館を作れます!

おすすめは以下。

これだけあれば毎日の映画鑑賞が大迫力で嘘みたいに楽しくなります!
結構大きい音を出しても普通は平気ですが、音にうるさい隣人がいたりする人は、

こちらもおすすめ。スピーカー自体が首元で振動するので没入感マックスになります笑

あと日中観たい人は1級の遮光カーテンも。

PCや再生機器に繋げば動画配信サービスの映画も映し出せるので最強です。

僕はPS4に繋げてU-NEXTで観てます。

時間を決める

寝る前、とか早起きしてすぐ、とか、観る時間を決めて生活習慣の一部にしてしまうのが一番習慣化しやすいと思います。

僕のおすすめは、夜ご飯と同時、です。

マナー悪いとか思った人はごめんなさい笑

理由は単純で、夜ご飯は絶対食べるし眠くならないから、です。

僕はプロジェクターで映画を観るので、日中は明るくてカーテンしても完全な暗闇が作りにくいのでいやで、

寝る前とかだと寝ちゃったりするので嫌なんですよね(わがまま)。

結論夜ご飯中がベストになりました。

ホラーは食欲なくなりますが笑

通勤・通学が長い人

通勤・通学が長い人は、さっき紹介したU-NEXTで事前にダウンロードしておいて、電車内とかで観るのがいいですね。

僕はドラマとかアニメとか時間が短めのものはそうしてます。

 

とにかく毎日無理なく楽しく映画を観る習慣が作れたら強いですね。

⑤鑑賞中にメモを取る

映画鑑賞前、鑑賞中、鑑賞後は必ず以下をメモしましょう。

映画の基本的な情報

具体的には、

「タイトル」「公開日」「監督」「キャスト」

の4つは最低限ですかね。

ここら辺の基本情報は、先に調べておきましょう。

あらすじ

鑑賞中でも後でも構いませんが、

映画の構成を、

「起」「承」「転」「結」の4つに分けるなりして、

簡単にあらすじをかけるようにしましょう。

あらすじを他サイトから引用したりする人結構多いですけど、

映画に特化するなら自分の言葉で書いた方がファンもつきやすいしライティングの練習にもなると思います。

見所

鑑賞中、感動したところとか熱くなったところは詳細にメモをとっておきましょう。

「この景色が綺麗」とか、「ここイケメンすぎ」とか些細なことでもメモする価値は大いにありますよ。

自分の言葉で記事を書くことができるようになります。

 

僕が実際に書いたメモも今度紹介しようかな…。



⑥関連映画に分けて攻める

観る映画は適当に決めるより、関連映画に分けて攻めるのがいいと思います。

理由は、まず観る映画のネタが尽きにくくなることと、

関連記事が作りやすいこと、

そして「まとめ記事」を作ることができるからです。

観る映画の決め方

観る映画の決め方は、

公開予定の映画で面白そうなのを1つ見つけ、

その映画の関連作品を観て記事にしていく。

が一番トレンドを意識した収益化しやすい決め方だと思います。

具体例は下に書きます。

関連記事を作る

一つの映画の紹介記事を作ったら、記事下に関連記事を貼っておすすめするのが、pv数をあげる基本だと思います。

ただ、なんの関連性もない映画だと読者はそっちを読んでくれません。

なので、元の記事で紹介した映画に、なんらかの関係性がある映画の記事を作るのがいいと思います。

僕のおすすめは、同じ監督の他の作品、です。

理由は単純で、監督が同じ映画は、雰囲気や作風が似ていたり同じキャストが使われていたりするからです。

映画が気になってしまう理由は、作風が面白そうだったり、好きなキャストが出ていたりが一番多いと思うので、監督ごとに攻めれば間違いなしだと思います。

まとめ記事を作る

監督ごとに攻めると、

「○○監督のおすすめ映画5選」や、

「〇〇監督の映画ランキングトップ5」などの、

いわゆる「まとめ記事」を最短距離で作れるようになります。

気に入った監督を見つけた時に、こういった「まとめ記事」は安定して需要があるので、

映画が忙しくて観れなかった日なんかにこういった記事を作るのもありだと思います。

デデデ的具体例

僕ならこう攻めるっていう具体例を作ってみました。

【公開予定の一本】

『キングスマン:ファーストエージェント』

公開日:2020年9月18日

めっちゃ先ですけど人気確定な大作映画です。

 

で、監督マシューボーンで攻めます。

『キングスマン』
『キングスマン:ゴールデンサークル』
『キック・アス』
『キック・アス:ジャスティスフォーエバー』←監督ではなく制作だけど。
『X-MEN:ファーストジェネレーション』
『X-MEN:フューチャーアンドパスト』

の6つの記事をまず作って、マシューボーンのまとめ記事を作成。

次に、『キングスマン』のイケメン主演二人が出てる映画を掘り下げたり、

『キック・アス』のクロエが可愛すぎる関連作品とか、

マシューボーンの盟友の監督ガイリッチーの作品なんかも掘り下げたりしたら、

それだけで1ヶ月以上はネタに困らないと思います。

パクってもいいですよ。

教えていただけたらめっちゃ応援しますしオタク知識提供します笑。



⑦知識を深める

映画のネタ探しや知識を深めるのにおすすめな書籍を紹介します。

記事のネタ探し

有名雑誌『BLUTUS』の映画特集号です。

目次をみていただけたらわかると思いますが、2020年の映画を楽しむために、今観ておくべき映画とその理由などが特集されています。

映画特化ブログを作るなら必携ですね。

日本の超王道ホラー『リング』から、今最注目のホラー監督アリ・アスターのデビュー作『ヘレディタリー 継承』まで、

ホラー好きなら辞書としても使える良著です。

ホラーの怖さをうまく伝える記事を書きたい時にも使えそう。

知識を深めるおすすめ本

値段が値段なので手を出しづらいですが、

『映画史』を一冊で学べる本です。

撮影技術の進歩や、時代ごとの映画の作風など、映画評論を極めたい人には最高の本です。

人生の一冊にもなり得るかもしれません。

若手映画ライター鍵和田啓介さんが、独特な着眼点で映画を解説している本です。

イラスト付きでとても読みやすい良著です。

様々な着眼点を知っておくことは、映画特化ブログを自分の言葉で作りたいならとても重要です。

僕も、自分とは違う面白い視点で映画を解説している記事を見つけるとワクワクしちゃいます。

ブログも書いている前田有一さんの映画批評本です。

前田さんは映画をとても冷静に、言い方を変えれば厳しめに鑑賞していて、

でもただ批評するだけではなく、改善案などを示してあげているのが素敵だと思うポイントです。

とにかく映画に対する深い知識と愛で書かれた本です。

 

映画記事を書こうと思うと映画そのものに対して幅広い知識が必要になってきます。

しっかり学べ、とは言いませんが、映画を鑑賞するごとに考察する上で本を参照するのは大事な作業だと思います。



⑧記事のテンプレートを作る

映画記事を書く時に、いちいち構成を初めから考えていてはめちゃくちゃ時間がかかってしまうので、

自分でテンプレートを作っておくことをおすすめします。

僕のおすすめを紹介します。

はじめに

自己紹介、紹介する映画を見ようと思い立った理由などを簡単に書きます。

評価

本題に入る前に映画の評価をいきなり出します。

5段階とか10段階とか、自分なりに点数をつけて、

「映画を一言で表すなら」や「こんな人におすすめ」などを先に書くことで、

読者の興味を引きましょう。

映画の基本情報

「タイトル」「公開日」「監督」「キャスト」などの基本情報をちょっとした知識と一緒にまとめましょう。

あらすじ

簡単なあらすじを書きましょう。

ここは時系列に沿って、あまり感想などは入れずに簡潔に書くのがいいと思います。

見所・感想

しっかりと自分の言葉で見所と感想を書きましょう。

ネタバレは極力せずに、読者に観たいと思わせるような内容をいかに書けるかが、

腕の見せ所だと思います。

視聴方法

収益化につなげる項目です。

作品のDVDの購入や、動画配信サービスへの登録に繋げましょう。

関連映画・書籍

関連の映画を紹介し、記事を書いたら貼りましょう。

うまく繋げられたらpv数が上がり、アドセンスなどでも稼げます。

原作があれば、原作をAmazonなどで購入してもらうのもいいと思います。

おわりに

くだらないことでもいいので最後に一言入れてオチを作りましょう。

割とこういうの僕が読んでて好きだからです。

 

テンプレートがあれば記事作成をある程度システム化できるので悩む時間も減りますね。



⑨映画ブログのマネタイズを知る

DVDをパッケージで購入する人が年々減っていて、最近の映画ブログの収入のほとんどは、動画配信サービスへの登録、だと思います。

なので動画配信サービスは一通り使ってみるといいと思います。

全て無料体験期間が設けられているので、検証には最適かと。

「動画配信サービス〜を1ヶ月使ってみて」みたいな記事も書けます。

 

あとは先ほども書きましたが、原作の小説や関連グッズも合わせて紹介するのがいいと思います。

『アイアンマン』のトニースタークがつけてた時計、とか。ブルガリなので買えませんが笑

 

ここら辺をうまく使えると、映画特化ブログは割とマネタイズしやすいジャンルだと思います。

⑩おすすめブログ

最後に、僕がおすすめの映画特化ブログを紹介します。

どうやって記事を書いていて、どうマネタイズしているかの参考になると思います。

モンキー的映画のススメ

https://www.monkey1119.com/

尋常じゃない映画を鑑賞してますね。

「映画 ブログ」と検索して一番上にくる圧倒的人気。

コメント機能をうまく使っているのも注目です。

キシマの映画ブログ

https://www.kishimamovie.com/iehekaerou

こちらも尋常じゃない本数を観てますね。

読みやすいデザインのブログに読みやすい文体でしっかりと自分の言葉で書いているのがいいですね。

超映画批評

https://movie.maeda-y.com/

上でも紹介したこの書籍でも有名な前田有一さんのブログです。

見ていただけたらすぐにわかると思いますが、

正直ブログデザインはテキトーで、多分マネタイズとかも意識してないんだと思うんですけど、

とにかく映画に対しての知識量がすごくて、どんなに面白いと思った映画でも、

前田さんがつまらないって批評してたら、

そうなのかぁって思ってしまいそうになります。

それくらい説得力のある解説、批評をしているので参考になります。



 おわりに

結構長い記事になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。

映画特化ブログはご覧いただいた通り、作る難易度がそれほど高いわけでもなく、

マネタイズもしやすいジャンルだと思うので、

ブログのテーマ作りに悩んでいた方はぜひ参考にしていただきたいです。

 

最後に僕が書いた映画記事を一つ紹介して終わらせていただきたいと思います。

監督の厨二心炸裂!全男子に送る快作『スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団』のあらすじと感想

2019.12.06

 

それではまた次回。

お楽しみに。